top of gen-sun

YOU TUBE リンク

 

だから・・・
この曲は偶然にも生まれた曲。ヴォーカルを目指す女性と知り合い、「GEN-SUNの作った曲をうたわせてほしい」 と頼まれたからこそ出来上がったと言っても決して過言ではない。
そして、女性が歌う曲を真剣に作るきっかけとなった曲でもある。
「私にキスをして やさしく抱きしめて あの日のことは許してあげるから」 この歌詞がメロディーに溶け込むと、切なく悲しい女心が心に染み渡ってくる。

-ライブ映像-でその彼女が歌声を聞かせてくれている。


rain-帰れない雨
歌 GEN-SUN 作詞作曲 GEN-SUN 編曲 足立知謙
「恋人同士がデートの約束をした大切な日に、土砂降りの雨が街を襲う。昼間なのに真っ暗で一歩先すら見えない」
そんな悔しさを歌ってみた。


愛しいひと(広島被爆語り部の歌)
原爆被爆70年に際して広島被爆語り部のテーマ曲として制作。
2015年、広島平和記念公園原爆資料館に収蔵された美しい曲。
歌 GEN-SUN 作詞作曲 GEN-SUN 編曲 足立知謙 
演奏 KODACHI/木立(ピアノ:足立知謙/胡弓:木場大輔)
   ギター:伊藤良哉


LOVE SONG Vr.2
歌 GEN-SUN 作詞作曲 GEN-SUN 編曲 足立知謙
愛し合いながらすれ違う寂しさを女性の歌詞にのせて歌うアコースティックヴァージョン。
LOVE SONG Vr.1のアンサーソングとして制作したバラード。


心の消しゴム(2017リメイク曲)
歌 GEN-SUN 作詞作曲 GEN-SUN 編曲 GEN-SUN/足立知謙
「愛する人の心の優しさが、どんなつらい想いもやさしく消してくれる。君は僕の心の消しゴム」美しい人に心を癒してもらえる幸福感を歌った曲


魅惑のヴィーナス
歌 GEN-SUN 作詞作曲 GEN-SUN 編曲 足立知謙
ストーリーを想像させる歌詞性を大切にして書いた曲で、都会の街角でのヴィーナス、真夏のビーチサイドで輝くヴィーナス、華やかな夜に美しさをまとうヴィーナス。5分余りの曲中に、素敵な恋人たちの物語が展開されている。
化粧品関係・ファッション関係のCMソングをイメージした軽快な一曲。


ラブソングVr.1
歌 GEN-SUN 作詞作曲 GEN-SUN 編曲 GEN-SUN/ハニー中野 愛しているのに背中を見せて立ち去ってゆく男ごころのふがいなさ。ロックボッサのリズムにのせて戻らない愛を、冷たい雨が降る真夜中にひとり求める想いを描く。


スーパードライブ
歌 GEN-SUN 作詞作曲 GEN-SUN 編曲 GEN-SUN/ハニー中野 ファンキーでドライなアメリカンハードロック仕立てのイメージソング。
英語と日本語交じりの歌詞編成。


ドリーム(息子へ)
歌 GEN-SUN 作詞作曲 GEN-SUN 編曲 GEN-SUN/ハニー中野 息子に書き下ろしたブリティッシュハードロック系のメッセージソング。
「世がどう変わって行こうが夢を求めて夢を追い越せ。夢がある限り明るく輝く明日はきっとやってくる」
英語で歌詞が書かれている。