top of gen-sun

GEN-SUN プロフィール

 

本名は吉 川 元(よしかわ はじめ) 1952年5月1日午前7時45分生まれ、10代に東京音楽学院大阪校で声楽を学ぶ。20代は在阪の音楽事務所ターゲットプロダクションに在籍していたが活動を休止し、30代に起業する。2017年現在、水域環境調査会社の代表者であると共にヴォーカリスト、ソングライターとして関西中心にライブ活動を展開している。


GEN-SUN 音楽再開への道のり

 

2009年 ビルボードライブ大阪「バンド自慢2009」
音楽から遠ざかり25年が過ぎた2009年の夏、YAMAHA・NHK後援「バンド自慢2009」関西大会を経て、西日本大会でグランプリを受賞。全国大会に出場を果たす。

 

2011年〜 ライブ活動
WAZZ新大阪、ZOU西天満、アートクラブ心斎橋、ロイヤルホース梅田、グラバー邸、ビルボードライブ大阪等、関西のライブレストランでのステージを再開する。「冬眠から目覚めた熊!?」との声が上がる。

 

2012年〜 ライブプロデュース
ミュージシャン及び店舗等でライブステージのプロデュースを手がける。

 

2013年〜2015年 特別ライブシリーズ
ロイヤルホース梅田でピアニスト竹下清志指揮の下、第一ヴァイオリン、第二ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、、コントラバスの編成でストリングスライブを企画し、4回シリーズで開催して好評を博す。最終回はギター 道祖順平、ドラム ガリバー柳が加わる。

 

2013年 CD制作
書き貯めてきた楽曲をピアニスト:足立知謙、ギタリスト:ハニー中野のアレンジ協力、構成等はギタリスト:伊藤良哉のサポートを得てCDアルバム「GEN-SUNソングカタログ」を制作する。

 

2015年 原爆被爆70年
広島被爆語り部活動家より「広島被爆語り部のテーマ」の作曲依頼を受ける。[愛こそが戦争を遠ざける]を曲のテーマとし、「愛しいひと(広島被爆語り部の歌)」を制作。広島平和記念公園原爆資料館に寄贈・収蔵される。
歌:GEN-SUN、作詞作曲:GEN-SUN、編曲:足立知謙、演奏:KODACHI(ピアノ 足立知謙/胡弓 木場大輔) ギター 伊藤良哉

 

2016年 熊本地震支援活動
ロイヤルホース梅田で熊本地震義援金ライブ「僕らの歌声、益城に届け!」を開催。発起人GEN-SUN、協力ミュージシャンとして、二人の女性ボーカリスト三田裕子、リリー、ギター馬渕昌宏、ピアノ竹下清志、キーボード ハニー中野、ベース時安吉宏、ドラム廣田秀雄等が出演。280,000円を超える義援金を益城町役場義援金窓口に、義援金ライブのDVDを復興窓口に直接訪問して届ける。ライブDVDを町民の方々に観ていただくよう要請して帰阪。